車に関する豆知識や法律など車に関するお役立ち情報を紹介します!車の買い取り情報から、中古車やレンタカーのことまで、車に関する情報を紹介中です!

輸入車の維持費って本当に高いの?国産車と徹底比較

アメリカ車、ドイツ車、フランス車、イタリア車・・・

日本で走っている多くの輸入車たち。

「いつかはあのメーカーの車に乗りたい!」と考えながらも
「輸入車は維持費が高いって聞くから不安」という方は
多くいらっしゃるのではないでしょうか?

 

 

今回は、日本車→日本車→アメ車→アメ車→ドイツ車と乗り継いできた私が、
簡潔に国産車輸入車維持費を比較してみました!

※私が乗り継いできたのは、あくまで中古車です!

新車で輸入車を購入できる方は、そもそも維持費なんて気にしないですよね?

 

 

スポンサーリンク

 

 

ガソリン代

輸入車の維持費って本当に高いの?国産車と徹底比較

 

 

自動車に乗っている上で、切っても離せないのが「ガソリン代」ですよね。
(ハイブリット、電気自動車は置いておきます。)

当然、日本車よりも基本的に輸入車の方が排気量が大きいのは、
皆さんも何となくお分かりでしょう。

 

 

実際の車種、メーカー名は伏せることにします。

実際に私が乗ってきた車の排気量は、下記の通りです。

日本車① S→1,800cc 直4 ターボ
日本車② H→3,000cc V6
アメ車① Y→6,000cc V8
アメ車② A→5,400cc V8
ドイツ車① C→4,800cc V8

「今時、4,000ccオーバーの車、ましてや6,000ccの車に乗ってるなんて時代遅れ。」
なんて声も聞こえてきそうですが、好きなものは仕方ありません。

 

 

単純に考えるならば、排気量が大きい=燃費は悪くなります。
エンジンが大きければ大きいほど、パワーはありますが、
当然そのエンジンを動かす燃料も多く必要というわけです。

 

 

私が乗ってたアメ車は少し極端なケースなので、
日本車Hと、ドイツ車C燃費、ガソリン代を比べてみましょう。

私が乗っていた車はどちらもハイオク仕様でしたので、
ガソリンの種類で金額に差がつくことはありません。

 

 

ここで一番気になる燃費を見てみましょう。

日本車H→約10km/L

ドイツ車C→約6km/L

 

 

同じハイオク車でも、エンジンの違いでここまで燃費が変わってきます。

例えばキリよく一万円分の給油をしたとしましょう。

1L=140円で計算します。

ぞれぞれのガソリンタンクには約71Lのガソリンが入ります。

 

 

走行可能距離

日本車H→約710km/L

ドイツ車C→約426km/L

 

 

実に284kmもの差が発生します!

日本車ならもっと燃費の良い車はたくさんあるでしょう。

レギュラー車なら尚更この差は広がっていきます。

私は通勤で車を使用していましたので、
燃費の悪さはダイレクトに維持費に影響していました。

 

 

車検にかかる費用は?故障は多いの?

輸入車の購入を考えたことがある方なら「輸入車は故障が多い」ということを、
一度は耳にするのではないでしょうか?

ハッキリと言います。日本車よりは間違いなく壊れます。

日本車であれば、車検から車検まではノーメンテナンス

オイル交換もしないでも平気なんて車はざらにあると思います。

 

 

しかし、輸入車はある程度自分で車を気にかけてあげて、
最低限オイル交換は必須と考えた方が良いでしょう。

輸入車は、日本車では考えられないところが壊れます。

しかも走行不能になるケースもしばしば。

 

 

私が乗っていた日本車Hは中古車で購入してから、
次の車検までは、目立った故障は一つもありませんでした。

もちろん最低限のオイル交換は自分でしておりましたが、
さすがは日本車の耐久力だと思います。

 

 

さて、ドイツ車Cですが、数ある車両の中では、
目立った故障も無く、優秀だと思っていましたが、
車検まで残り一ヶ月となったある日、エンジンがかからなくなりました。

原因はエンジンを始動するための「スターター」という部品に問題があったのですが、
部品代、工賃その他、追加整備を依頼して、総額約30万円・・・

車に乗られてる方なら分かるかと思いますが、
一ヶ月後に車検を控えてるときの30万円です。痛い・・・

 

 

車検に関しては、特に修理を必要としていなければ、
日本車も輸入車も大きく金額に差が出ることがありません
(車屋さんは必死に修理をオススメしてくると思いますが・・・)

 

 

輸入車で何が高いかというと、「修理するための部品代」が高いのです。

当然、車種、壊れた箇所、壊れ具合によっても変わってはきますが、
同じ箇所が壊れたとするならば、単純に日本車パーツの倍はすると思って間違いないです。

 

 

今では、輸入車でも「優良部品、リビルト」などといった、
低価格なパーツも多く出回っていますので、
それらの部品を使うことが、安く修理するコツです。

ディーラーなどで買う部品の半額以下で購入出来ます。

ただ、勝手にパーツを買って、整備工場に部品を持ち込むと、
「うちは部品持ち込みはNGだから」という工場もあるのでお気をつけくださいね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

輸入車、日本車、徹底比較のまとめ

輸入車の維持費って本当に高いの?国産車と徹底比較

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

 

私は正直、輸入車のことが大好きですが、
輸入車への贔屓なしで書きましたので、かなり参考になるかと思います。

なんでこんなに無駄に高い輸入車に乗るのか?と聞かれたら、
「好きだから」としか言いようがありません。

ドア開閉時の重厚感、高速域の安定感
日本車には無い心地よい加速エキゾーストサウンド

挙げたらキリがありませんが、それだけの魅力が輸入車にはあります。

 

 

そして、輸入車はお金持ちだけが乗れる車ではありません。

新車当時は1,000万円近くした超高級車も、
10年経てば200、300万円あれば買えるようになるのも輸入車の魅力の一つなのです。

輸入車の意地で苦労した経験も多くありますが、私が次に買うのも輸入車だと思います。

 

 

輸入車購入を検討されてる方へ、少しでも参考になりましたら幸いでございます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

    None Found

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク