車に関する豆知識や法律など車に関するお役立ち情報を紹介します!車の買い取り情報から、中古車やレンタカーのことまで、車に関する情報を紹介中です!

車に傷がついてしまった時にはどうすればいいの?

車に乗っている時に車に傷がついてしまうことはよくあります。

どこかに車体をぶつけてしまったり、
車同士で接触してしまったりしたときに車はがついてしまいます。

 

 

車の傷は放置しておくと見栄えも悪くなってしまうので、
何とかしようと考える人も少なくないと思います。

そのような時に傷をどうすればいいのかについて説明をしていきます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

車の傷の種類について

車に傷がついてしまった時にはどうすればいいの?

 

 

車の傷にはいくつかの種類があります。

その一つに白い筋状の傷があります。

 

 

これは、爪で引っかいたり
小さなものが擦れたりした時につく傷となっています。

 

 

この傷は、塗装面についているだけのなので、
簡単に傷を消すことができます。

 

 

市販されている傷けしなどでも簡単に消えるような傷なので
特に気にする必要もありません。

 

 

また、白い筋がついているから傷がついていると
思う時があるかもしれませんが、傷ではなくて汚れであったり、
塗装のカスであったりすることがあります。

 

 

このような場合には傷けしなどを使わなくても、
軽くふき取るだけでなくすことができます。

 

 

次に黒色や銀色の傷があります。

これは、深くまで傷がついてしまった時に見られるもので、
塗装の下のボディにまで傷が到達している証拠です。

 

 

ここまで傷が深くなっていると市販されている
傷消しだけでは修理することが出来ないことがあります。

 

 

このような深い傷は放置しておくとサビの原因にもなってしまいますし、
自分で修理をしようと上から塗装を行っても
ボディカラーと合わずにその部分だけ目立ってしまうこともあります。

 

 

車の傷の修理方法

小さな傷であれば、家で修理をすることができます。

方法としては初めにがついている部分を
スポンジなどを使ってきれいに洗います。

 

 

この時に汚れを残さないようにする必要があります。

そして、汚れをきれいに落としてから
コンパウンドで丁寧に磨いていきます。

 

 

そうすると、小さな傷であれば
ほとんど目立たないくらいにきれいになります。

 

 

もしも、傷が大きく、自分で修理することが困難な場合には
自動車の傷を修理しているお店で修理をしてもらう必要があります。

 

 

自動車販売をしている店舗板金業者などで
修理をしてもらうことが出来ますが、他にも一部のガソリンスタンドなどでも
傷の修理をしているところがあります。

修理の際に必要な費用傷の大きさ深さによって異なります。

 

 

傷が横に長ければ長いほど
傷が深ければ深いほど修理に必要な費用も大きくなってしまいます。

 

 

傷があまりにも大きい場合には傷がついている部分を
丸ごと新しくする場合もあります。

 

 

この傷の修理にいくらくらいの費用がかかるかということは
実際に見積もりをしてもらわなければわかりません。

 

 

なので、費用について知りたい場合には、
近くにある修理業者確認をしてもらうのも方法の一つとなっています。

 

 

車の傷を放置しておくとどうなるのか

車に傷がついてしまった時にはどうすればいいの?

 

 

傷の修理は自分で行うには労力がかかってしまいますし、
業者に頼むとお金がかかってしまうので、
人によっては傷をそのまま放置してしまう人もいます。

 

 

ですが、傷を放置しておくとマイナスとなってしまうので、
修理は早めに行わなければなりません。

 

 

例えば、傷がついている箇所に雨水があたってしまうと、
鉄が酸化してしまい、サビの原因になってしまいます。

 

 

車のボディには基本的に塗装と同時に酸化防止の加工がされていますが、
傷がつくことにより、この酸化防止加工も剥がれ落ちてしまいます。

 

 

そうして剥がれた部分に雨があたることで
その部分がさびてしまう原因になります。

 

 

また、最初はがついている場所しかサビは発生しませんが、
サビはそこからだんだん広がっていくので、
最終的には傷がついていない部分にまでサビが広がってしまいます。

 

 

サビが広がってしまうと、傷を修理するよりも
広範囲にわたって修理をしなければならなくなるため、
費用も無駄にかかってしまいます。

 

 

ボディのペイントはとても薄く、
少しの傷でも酸化防止加工がはがれてしまいます。

 

 

見た目上はあまり気にならなかったとしても
サビの原因になってしまうことがあるので、
車のボディに傷がついていることがわかった時には
なるべく早く修理をするようにしましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

車に傷がついてしまった時にはどうすればいいの?のまとめ

車に傷がついてしまうと素早く修理をする必要があります。

修理は自分でできる場合と業者の方に頼む場合で分かれます。

 

 

小さな傷や浅い傷の場合、自分でも簡単に修理をすることが出来ますが、
大きな傷や深い傷になってしまうと
自分で修理することは困難になってしまうため、
業者の方に依頼する必要があります。

 

 

車の傷を放置しておくとサビの原因になってしまうので、
なるべく早く修理をしなければなりません。

 

 

たとえ小さな傷であっても、
そこから酸化していってサビが広がることもあります。

 

 

そうなると修理代も高くなってしまうので、
小さな傷であってもきちんと修理をするようにしましょう。

市販されている傷消しでも小さななら簡単に消すことが可能です。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

    None Found

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク