車に関する豆知識や法律など車に関するお役立ち情報を紹介します!車の買い取り情報から、中古車やレンタカーのことまで、車に関する情報を紹介中です!

ガソリンと軽油の給油間違いをしてしまったら?症状と対処方法・修理代の費用

車を運転する方もしない方も、ガソリンと軽油の違いはご存知ですか?

ごくまれに、「軽自動車だから軽油を給油してしまい、車が壊れた!」なんて話も、
聞いた事がありますよね。

 

 

軽自動車だから軽油って冗談でしょうと突っ込みたくもなりますが、
もしかすると周りに勘違いしたままの方もいるかもしれません。

今回は、ガソリンと軽油の違いや、給油間違いをしてしまった時の、
症状対処方法修理代の費用まで、一通り紹介させて頂きたいと思います。
 

ガソリンと軽油の給油間違いをしてしまったら?症状と対処方法・修理代の費用

 

 

スポンサーリンク

 

 

ガソリンと軽油の違い

まず初めに、勘違いされている方がもしかするといらっしゃるかもしれませんが、
軽油の「軽」は軽自動車の「軽」ではありません。

軽自動車だからといって軽油を給油する事は大きな間違いです。

 

 

ガソリン軽油も元々は同じ石油です。

製法も、石油に含まれているガスやワックスなどの成分を分離させるために加熱
そして蒸留して作られているので、ガソリンと一緒です。

 

 

違いは、蒸留時の採取温度になります。

ガソリンは石油を熱し、30℃から230℃の間で発生する蒸気を取って作られています。

それに対して軽油140℃から380℃で発生する蒸気から取られるものなのです。

したがって、低温度で蒸発するのがガソリン高温度で蒸発するのが軽油となります。

 

 

ガソリンは、常温常圧でもよく燃えるのに対し、
軽油高温高圧の時に良く燃える特性をもっているのです。

元の原料は同じ石油ですが、特性は全く異なりますので、
間違っても軽自動車(ガソリン車)に軽油は給油しないよう気を付けましょう。

 

 

軽油を給油するのは「ディーゼル車」です。

ガソリンと軽油の違いはお分かり頂けましたでしょうか。

それでは続いては、ガソリンと軽油の給油間違いをしてしまった時に、
どうすれば良いかのお話しです。

 

 

給油間違いをしてしまった時の症状と対処方法

ガソリンと軽油の給油間違いをしてしまった時、その車に出て来る症状と、
その対処方法についてのお話です。

まずは、給油間違いをしてしまった時に車に出て来る症状です。

 

 

・ガソリン車に軽油を入れると、次第に加速が鈍くなり、黒煙を排気する。

軽油が混ざったガソリンを給油してしまうと、エンジンの出力下がり加速鈍くなってきます。

また、アイドリングも不調になります。

100パーセント軽油だけを入れてしまうと、黒い排気ガスが出る様になっていき、
最終的にはエンジンが止まってしまいます

 

 

・ディーゼル車にガソリンを入れてしまうと、白煙が出てエンジンがやがて止まる

最初のうちは、エンジンはかかっていますが、すぐに力がなくなってきます。

アイドリングが不安定になり、エンジン音も高くなり、白い排気ガスが出て来るようになります。

軽油とガソリンの混合した比率によって、給油間違い後の症状に差があり、
エンジンをかける事が全くできなくなる場合もあります。

 

 

元は同じ原料のものでも、給油間違いによって車に大変な症状が出てきてしまうのです。

間違ってしまった時の対処方法としては、まずはエンジンを始動させない
また車を走らせない事が大切です。

 

 

もし仮に、走らせてしまっても先ほどお伝えさせて頂いた症状が出て来るので、
気が付いたらすぐに車を停車させ、エンジンを止めて下さい。

 

 

給油中や、給油した後すぐに気が付いた時には、
すぐにガソリンスタンドのスタッフさんへ伝えて燃料を抜いてもらうか、
整備する工場まで運んでもらうのがおすすめです。

 

 

もう一度、症状と対処方法についてまとめてみますね。

 

 

・症状としては、加速が鈍くなり、アイドリングも不調になる。

・白煙や黒煙が排気されやがてエンジンが始動しなくなる。

・対処方法としては、給油間違いに気が付いたらすぐに走行するのをやめて、
エンジンを停止させる。

 

 

給油中や給油後すぐに気が付いた場合は、ガソリンスタンドのスタッフさんへ、
事情を説明し燃料を抜いてもらうか、整備工場まで運んでもらう、という事ですね。

ガソリン車に軽油、ディーゼル車にガソリンの給油間違いをしてしまっても、
両方の場合に言える事ですが、エンジンを動かす前に入れ替えれば問題はありません

 

 

気が付いたらすぐに対処しましょう。

 

 

給油間違いのときの修理代の費用は?

給油間違いをしてしまったら、修理代の費用はどれくらいかかるの?と気になる方は、
ぜひ参考にしてみて下さい。

 

 

まず、入れ間違いにすぐに気が付いた場合は、すぐに間違えた燃料を抜き、
タンク内を洗浄し、正しい燃料を給油するだけで済む事が多いのです。

エンジンがかかれば、ほぼ問題ないと言われています。

費用は大体2万円〜3万円で済むでしょう。

 

 

逆に、正しい燃料を入れてもエンジンが全くかからない時には、
間違っている燃料を抜いてから、ラインの洗浄プラグの交換
シリンダーヘッドのオーバーホール等も必要になり、修理代の費用は30万円位となります。

 

 

ただ、上記の修理代の費用は、給油間違いをしてからの時間どれくらいたっているか
エンジンをかけ走行したのか、などによって状況も変わりますので、
おおよその費用でみておいて下さい。

 

 

スポンサーリンク

 

 

給油間違いをしたときのまとめ

ガソリンと軽油の給油間違いをしてしまったら?症状と対処方法・修理代の費用

 

 

ガソリンと軽油の違いから、給油間違いをしてしまった時の症状と対処方法、
修理代の費用のお話しでした。

 

 

今現在は、給油間違いが発生しないよう、ガソリンスタンドではノズルの色が決まっていますので、
ほとんど間違える事が無いと思います。

大切な車を壊してしまわぬよう、給油の際は十分気を付けて給油し、
車のある生活を十分に楽しんで過ごしていきましょう!

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

    None Found

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク