車に関する豆知識や法律など車に関するお役立ち情報を紹介します!車の買い取り情報から、中古車やレンタカーのことまで、車に関する情報を紹介中です!

車はなんで故障するの?車の故障原因と修理法について

車に乗っているといつかは必ず故障してしまいます。

車の故障は放置してそのまま乗り続けてしまうと、
他の部分の故障にもつながりますし、
そのまま車に乗れなくなってしまうということもあります。

 

 

今回はそのような車の故障について、
車の故障する原因とその修理方法について説明をしていきます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

車の故障の種類と原因

車はなんで故障するの?車の故障原因と修理法について

 

 

車の故障には大きく分けて、車に乗ることが出来なくなる故障と
車に乗ることに悪影響を与えてしまう故障の2種類があります。

 

 

バッテリーの故障エンジンの故障などがそれにあたります。

特に燃料タンクの故障は車に乗れなくなるだけでなく、
放置しておくと二度と走行することが出来なくなる場合もあるので注意が必要です。

 

 

これらの部品の故障は主に経年劣化によるものと、
何らかの衝撃によって故障する物に分かれます。

 

 

また、他にも初期不良が原因で故障してしまうこともあります。

それに対して車に乗ることに悪影響を与えてしまう故障が
エアコンなどの空調設備の故障や塗装の剥がれ、
ワイパーの劣化などが挙げられます。

 

 

ワイパーの劣化は長期間ワイパーを使用していると起こります。

塗装の剥がれは雨水に打たれ続けたり、
コーティングがはがれたりしたときに起こる可能性があります。

 

 

空調設備の故障は故障する原因が多くあり、
どれが原因であると断定することは難しくなっています。

 

 

これらの故障は車を運転することはできるけれども、
運転するときに不便を感じてしまう故障となっています。

 

 

また、これらの故障とは別に法律によって車を走行させることを
禁止される場合があります。

 

 

ライトウインカーの故障は法律により、走行を禁止されているので、
この呼称も走行不能の故障としてあげることができます。

 

 

車の故障の修理方法

では、このように車が故障してしまった場合に
どのように修理をすればよいのでしょうか。

 

 

故障の修理方法自分で修理する方法と修理業者
修理をしてもらう方法の二つがあります。

 

 

基本的には車に関する知識がない場合には修理業者に依頼して、
自分で車を修理する知識と技術がある場合には
自分で修理をするというのが一般的となっています。

 

 

ですが、自分で修理をする場合には修理個所によっては修理の時間がかかってしまい、
業者に依頼する方が簡単に修理をできるという場合もあります。

 

 

タイヤのパンクであったり、ワイパーの交換程度であれば車を修理する知識がなくても
自分で行うことができますが、エンジンのトラブルや
燃料タンクのトラブルの場合にはある程度の知識技術があっても
自分で修理することが出来ないこともあります。

 

 

どこが故障していて、どの程度の修理が必要なのか
ということに合わせて自分で修理をするか
業者に修理を依頼するかを決めるのが良いのではないでしょうか。

 

 

突然の故障に遭ってしまった時には

車はなんで故障するの?車の故障原因と修理法について

 

 

故障の中には運転中に急に故障をしてしまうようなこともあります。

そのような時にはどのようにすればいいのでしょうか。

 

 

車が運転中に突然故障してしまった場合、
後ろからの追突を防ぐためにハザードランプを付ける必要があります。

 

 

そこから安全な場所まで移動させた後に自分で修理をするか
レッカーを呼ぶかをする必要があります。

 

 

とにかく何をするにしても道路で車が停止してしまった時には
車が停止していることと人がいることを周囲の車に知らせる必要があります。

 

 

車の突然停止の中にはエンジン部分から出火していることもあります。

そのような時には車から離れてから消防へ連絡をするようにしましょう。

 

 

このような車の突然の故障は日頃の整備を行うことで
そのリスクを減らすことができます。

 

 

数年に一度の車検の時に車の点検を行い、故障個所は直しますが、
それ以外にも自分で定期的に整備を行うようにしましょう。

 

 

目安としては一年に一度のペースでの点検が望ましいですが、
車に乗る頻度が多い人はこれよりも少しこまめに点検をするように心がけましょう。

 

 

オイル交換や車のコーティングをする際に
一緒に車の点検をするのもタイミング的には良いかもしれません。

 

 

スポンサーリンク

 

 

車はなんで故障するの?車の故障原因と修理法についてのまとめ

車は乗っていると故障をしてしまいます。

故障をしたときにどのように修理するのかということが重要になっていきます。

 

 

故障はどのようなタイミングで起こるか分かりません。

運転に支障のないレベルでの故障なら気づいた時に
修理を行えば問題はないのですが、
故障の中には運転することが出来なくなるような故障もあります。

 

 

運転中にそのような故障が起こってしまうととても面倒なことになってしまうので、
車が故障を起こさないように日頃のメンテナンスを怠らないようにしましょう。

 

 

自分でメンテナンスをすることが出来る時には、
自分で行えば問題はありませんが、自分で車のメンテナンスを行えない時には、
車のメンテナンスを行っている場所にいって車の整備をしてもらう必要があります。

 

 

専門のお店でなくてもガソリンスタンドなどでも
簡単な整備は行ってくれるので、活用していくようにしましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

    None Found

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク