車に関する豆知識や法律など車に関するお役立ち情報を紹介します!車の買い取り情報から、中古車やレンタカーのことまで、車に関する情報を紹介中です!

車検の費用は何で決まるの?車検の値段はなぜ違うの?

車に乗っていると
定期的に行わなければならないのが車検です。

 

 

車検は車に乗る為に必要なことですが、車検の費用
なかなか大きな金額になってしまうため
車検の時期が来るたびに憂鬱になってしまう人も多いのではないでしょうか。

今回はこのような車検について説明をしていきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

なぜ車検が必要なのか

車検の費用は何で決まるの?車検の値段はなぜ違うの?

 

 

車に乗っていると車検を受けなければなりませんが、
中にはなぜ車検を受けなければならないのか
疑問に思っている人もいるのではないでしょうか。

 

 

なぜ車検を受ける必要があるのかということについて
簡単に説明をしていきます。

 

 

まず、車検の期間ですが車種によってそれぞれ定められた期間があります。

なので、車種によって車検を受ける頻度が多い場合も少ない場合もあります。

 

 

そして、車に乗る為に最低限必要保安基準というのが決まっています。

この保安基準国土交通省が決めているもので、
自動車で道路を走行する際に環境安全に配慮して決められています。

 

 

この決められた保安基準を満たしているかどうか
というのを検査するのが車検です。

 

 

道路を走行するためには車検を受けて、
この決まりに適合しているかどうかということを判断しなければなりません。

 

 

車検を受けることは法律によって定められており、
車検を受けずに車に乗ってしまうと犯罪になってしまいます。

 

 

法律的に義務付けられているから
車検は受けなければならないのはもちろんのことですが、
車検を受けることで運転手の安全の確保環境への配慮なども行っているため、
車検は受けなければならないものとなっているのです。

 

 

車検の費用が違うのは何で?

車の車検を受けたことのある人なら知っているかもしれませんが、
車の車検にはたくさんのお金が必要になります。

 

 

実は車の車検の費用は一律ではなく、
車の種類によって費用は異なってきます。

車検の費用といっても色々な点検の費用を合わせて車検費用としています。

 

 

では、この点検費用の中で一番車種による差が大きいのはどこなのでしょうか。

差が一番大きいのが重量税になります。

 

 

この重量税は車の重さに対して課される税金で車検の時に
支払いをするようになっています。

 

 

軽自動車と普通自動車ではこの重量税2倍近く変わってきます。

軽自動車は重量がとても軽いため、重量税もそこまででもありませんが、
大型の普通車になってくると数万円も費用が変わることがあります。

また、自賠責保険料も軽自動車と普通車では少し異なります。

 

 

ですが、自賠責保険料は重量税違い差がほとんどないので
あまり気にする必要はありません。

 

 

印紙代というのも車検の費用に含まれていますが、
印紙代は車種や重量にかかわらず一定であるため、
車検費用には違いが出ません。

 

 

そして、最後に手数料必要になります。

手数料はどこで車検を受けるかによっても料金が変わります

 

 

このようにして車検の費用を考えてみると、
重量税の金額が一番多くなっていることがわかります。

そのため、車検費用の違いがどこで表れているかというと重量税になっているのです。

 

 

車検はどこで受けるのがいいの?

車検の費用は何で決まるの?車検の値段はなぜ違うの?

 

 

先程、車検を受けることが出来る場所はいくつかあると説明をしましたが
ではいったいどこで車検を受けるのがいいのでしょうか。

 

 

車検の費用手数料によって変わってきます。

どこで車検を受けるかによって手数料が変わってくるわけですが、
なぜ手数料に違いが出てくるのでしょうか。

 

 

一番の理由が車検の際にどの程度整備をするかが
車検を受ける場所によって異なるからです。

 

 

例えば、同じ車検を受けるとしても
車検にとおるぎりぎりの整備でいいのであれば車検の費用は安くて済みますし
逆に少しでも不備があるところを全部修理しようと思えば
車検の費用は高くなってしまいます。

 

 

このような点から考えると、車検の時にしっかりとした整備をしてくれる場所は
手数料も高くなり、最低限の整備を行う所の場合は手数料が安くなっていきます。

 

 

車検を受ける場所の設備によってもどの程度の整備をするか
というのは異なりますが、ディーラーで車検を受ける場合には
他の場所で受けるよりも手数料が高くなりやすくなっています。

 

 

ガソリンスタンドなどの場合だと車検費用
ディーラーなどと比べて少し安くなります。

 

 

これは点検の設備が整っているディーラーの方が
丁寧に作業を行ってくれることが原因です。

 

 

なので、どこで車検を受けるかは車の整備
どの程度行ってほしいかで決めるようにしましょう。

 

 

もちろん、ディーラーでも要望を出せば要望通りの点検を行ってくれます。

ディーラーで車検を受ける時に費用を抑えようとするときには
前もって言っておくといいのではないでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

 

 

車検の費用は何で決まるの?車検の値段はなぜ違うのかのまとめ

車検費用の違いは重量税手数料が大きく関係しています。

なので、車検を受ける前には
これら二つをしっかりと確認しておくようにしましょう。

 

 

また、インターネットを使って見積もりをすることもできるので
これらのサービスも活用していくと便利かもしれません。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

    None Found

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク